1. 転職KING
  2. 転職体験談
  3. ≫【体験談】映像業界 ブライダル撮影からIT業界 webライターに転職した20代男性Hさん

【体験談】映像業界 ブライダル撮影からIT業界 webライターに転職した20代男性Hさん

こちらでは、映像業界 ブライダル撮影からIT業界 webライターに転職した20代男性Hさんの転職体験談をお伝えします。

自分も似たような仕事についている。これから転職を考えている。興味関心があるという方は最後までご覧ください。

あなたの経歴について教えてください

ニックネーム Hさん
性別 男性
年齢 20代
転職前 映像業界 ブライダル撮影
転職後 IT業界 webライター(フリー)
使用した転職媒体 web広告

以上のような感じです。では早速、転職の体験談を見ていきましょう。

 

あなたの転職の経緯と体験を教えてください

–今ではwebライターとして働かせてもらっていますが–

今でこそフリーのwebライターとしてある程度稼がせて貰ってはいますがこの仕事を始める前は主にブライダル系の映像撮影と編集をしていました。

今も実を言うと撮影や編集の仕事は時間とクライアント的に副業OKとあれば別名扱いで行ってはいますが本業のライター程力は入れておらず実質開店休業みたいな物です。

自分が今の仕事であるwebライターへ転職しようと決めたのには幾つかの切っ掛けがありました。

–会社の方針について行けなくなった–

前にいた職場だとステップアップしようとすれば出る杭は打たれる感じで上司や上の人から「今の仕事に集中しろ」と言われる事が多く自分の与えられた仕事だけすればいいと実際は言う事を聞くだけの木偶の坊が欲しい感じでここにいたら成長できないなと薄々感じ始めまた社員のやる事と言えばお客へのクレーム対応やアルバイトへの指導管理と自分が求めている物と会社が求めている物が違っていました。

勿論下の者を指導する事は必要な事ですしそれについては異論が無いのですがそれでも違和感が晴れる事無く悶々とした日々が続きました。

けど最終的な切っ掛けは会社の方針について行けなくなった事です。

社員はクレーム対応や指導に集中しろな方針に加えて下の扱いが社員目線から見ても酷すぎた(アルバイトから個人事業主としての契約に強制的にさせられた、報酬は時給式から単価制に変えられて仕事が完成しない限りは何日来ようが無報酬のまま等)と現場を考えない方針を何度も打ち立て強制的に実施する事が多くなり自分も含めてクレームを入れても聞き入れてもらう事は出来ない上に信用していた同期や上司も下の人間をあまり大切していない雰囲気を見て「自分にはこの会社は無理だ」と決心し退職する事にしました。

ステップアップの見込みもない、会社と自分で求めている物が違う、そしてアルバイト等現場では大事な戦力である下の人達を顧みない扱いにその会社どころかブライダル撮影自体にも見切りを付けるには充分でした。

–退職したはいいが活かせる仕事が無かった–

退職したはいいけれど今まで映像メインの仕事をしていたのでそれを活かせる仕事が無くて転職活動は失敗の連続でした。

都心部や都会なら同業職や近い職は見つけやすいですが自分がいたのは地方も郊外ですので上手い事見つけられずハローワーク、転職サイト、フリーペーパーとにらめっこする機会だけ増えいざ見つけて面接しても「スキルが噛み合わない」、「職場から家までの距離が遠い(=交通費の面で高くつく)」を理由に落とされアルバイトでも同様で自分の無力さが目立って周りの人からも無職の人として当たりが悪くなりました。

正直忘れられるなら忘れたい程辛い日々が半年以上続きました。

–web広告でクラウドソーシングの文字を見かけたのが転機–

しかし転機が訪れたのはwebでいつもの様に求人を探していたらweb広告でクラウドワークスやランサーズ等のクラウドソーシング系サービスの文字を見つけたのが切っ掛けと自分でも意外な場所で見つける事になりました。

最初こそは他にも無いしで半ばやけくそ気味で登録し仕事をする前にクラウドソーシングについて調べた後危なく無さそうならやってみるかと何本か仕事を契約して行いました。

–始めた結果、職だけじゃなく自分の仕事に関する考えにも変化が出た–

そして契約した分の仕事をこなし報酬を得て久しぶりにお金を得れる喜びを得たのと同時にある考えが浮かび始めました。

「アテのない地元に拘るよりはネットを介して他方で仕事を始めれば良いんじゃないのか?」

何件か登録したクラウドソーシングで募集している企業を見ていると自分が住んでいる県と同様に地方で人手は欲しいけど土地的に精通している人が少なかったり求人を出せなくて困っている所も多く見られました。

それを見ていてある結論も出る事になりました。

「求人の無い地元に拘るぐらいならネットを使って募集している企業の仕事をこなした方が有意義」

–ネットが発達しているからそれを仕事にしようと思うようになりました–

今はネットが発達しているのだから地元に無理に拘らなくてもクラウドソーシングを始めwebを介してのweb記事作成の仕事を依頼している地元も含めた企業に積極的に仕事を取りに行き仕事をこなし続けた結果今のwebライターの仕事に就く事になりました。

自分の転職までの経緯は少々変わっているので参考になるかと言われたら微妙ですが無理に1つの場所に拘ってスキルと合う仕事を待ち続けるよりは今はネットがあるのだから自分のスキルに合う仕事をネットを介してこなして行くのも1つの手だなと視点を変えてみると意外な所に自分に合う仕事は転がっています。

転職活動に難儀している時は視点を変えて見るのも良いでしょう。

 

まとめ

以上で映像業界 ブライダル撮影からIT業界 webライターに転職した20代男性Hさんの転職体験談を終わります。

閲覧いただきありがとうございました。ちなみに今現在、転職を検討しているという貴方は以下の記事をご覧ください。

 

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイトランキング

親身なコンサルタントが魅力
DODA(デューダ)
5
運営会社 パーソナルキャリア株式会社
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約8万件
DODA(デューダ)

親身な対応が魅力!転職者満足度No.1の転職エージェント

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

転職成功実績No.1
リクルートエージェント
4.5
運営会社 株式会社リクルートキャリア
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約10万件
リクルートエージェント

非公開求人数No.1の転職エージェント

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

20代や第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社 株式会社マイナビ
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約1.5万件
マイナビエージェント

20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!