1. 転職KING
  2. 転職体験談
  3. ≫【体験談】建設業界 事務から法律事務所 事務職に転職した30代女性Kさん

【体験談】建設業界 事務から法律事務所 事務職に転職した30代女性Kさん

こちらでは、建設業界 事務から法律事務所 事務職に転職した30代女性Kさんの転職体験談をお伝えします。

自分も似たような仕事についている。これから転職を考えている。興味関心があるという方は最後までご覧ください。

あなたの経歴について教えてください

ニックネーム Kさん
性別 女性
年齢 30代
転職前 建設業界 事務
転職後 法律事務所 事務職
使用した転職媒体 ハローワーク、転職サイト、求人情報誌、フリーペーパー

以上のような感じです。では早速、転職の体験談を見ていきましょう。

 

あなたの転職の経緯と体験を教えてください

–前職への不満は誰でもできる仕事だったことです–

転職前は、建設会社の一般事務職に就いていました。

従業員数も百人を超える大きな会社だったため、一般事務とはいえど、経理部から総務部までたくさんの部署にわかれていました。

その中でも私は総務部に配属されていましたが、とにかく毎日が退屈でした。

はたから見ると、楽そうな部で羨ましいようにも見えたかもしれませんが、これといって打ち込める仕事がないというのは、意外ときついものです。

郵便物のチェックや、備品のチェック、消耗品の買い出しや社内設備のチェックなど、さほど頭を使って考えることもないまま、作業のように毎日の仕事をこなしていました。

言ってみれば、誰でもできる仕事です。

誰かがやらなくてはいけない仕事だと頭の中ではわかっていても、子どもでもできそうな仕事内容が次第に嫌になっていき、もっとやりがいを感じられるような仕事がしたいと思うようになりました。

そう思うようになったことがきっかけとなり、転職を決意することになったのです。

–転職活動を始めてからはとにかく必死でした–

転職しようと決心してからは、必死でした。

できる限り前職を退職した後の再就職まで、無職の期間を作りたくなかったので、前職をこなしながら転職活動をしました。

転職活動で利用したのは、ハローワークや求人情報誌、転職サイトへの登録です。

中でも転職サイトへの登録は、時間を選ばずに転職に関する情報を収集することができたので、とても役に立ちました。

大学が法学部の出身だったこともあり、法律に関わるような仕事に就きたいと考えるようになり、転職先を法律事務所や司法書士事務所などに絞り、活動しました。

苦労したのは、希望するような転職先の求人が、あまりなかったことです。

求人そのものが少なかったため、なかなか面接までたどり着くこともできずに、応募するまでにも時間を要することになりました。

あまりにも求人数がなかったため、他の転職先を検討し始めた矢先に、法律事務所の事務職の求人を偶然ハローワークで見つけ、面接してもらえることになったのです。

–面接から合格までですが、面接には戸惑いました–

時間を調整してもらい、なんとか面接までこじつけましたが、前職の仕事内容や退職したい理由などの質問には、少し戸惑いました。

正直に話してしまうと、不利にならないかどうか心配だったからです。

迷った挙句、嘘をついてごまかすより正直に話した方がいいと思い、正直な気持ちを話した結果、その法律事務所に見事合格することができました。

面接では、できるだけありのままの自分の姿を見せた方がいいのだと、つくづく感じた瞬間でもあります。

前職との兼ね合いもあり、入所まで1カ月待ってもらえることになり、本当にありがたいと思いました。

–引き継ぎから退職までですがスムーズに運びました–

再就職が決まったので、すぐに前職で退職の意志を伝えました。

退職したい理由を聞かれましたが、「夢を求めての転職」であることを伝えると、気持ちよく退職を快諾してくれたのです。

そこからは、ひたすら引き継ぎの作業が始まりました。

とはいっても、さほど引き継ぎを必要とするほどの仕事内容ではなかったため、引き継ぎ作業はすぐに終了し、あとは退職を待つだけとなりました。

その間も、すでに気持ちは再就職先に行っていたため、早く前職を退職したくて仕方ないというのが正直な気持ちでした。

退職の旨を伝えてから1か月後、無事に前職を退職することができたのです。

–再就職先でやりがいの感じる仕事に就くことができました–

再就職先となった法律事務所での勤務は、想像以上に忙しい勤務となりました。

仕事の内容は、専ら弁護士の先生のアシスタント業務でしたが、書面作成の補助から裁判所へのおつかいまで、幅広い仕事内容で、慣れるまでは目が回りそうなほどの激務だったのです。

前職とのギャップに驚きましたが、どんなに激務でも嫌だと感じたことはありませんでした。

とにかく、任される仕事の1つ1つが新鮮で、忙しくてもやりがいを感じることができ、とても充実した日々を送ることができたのです。

何よりも自分という存在が、必要とされているということをひしひしと感じることができたことが、とても大きかったと思います。

夢だった法律関係の仕事に携わることができ、それだけでも幸せだと思えることが、嬉しくて仕方ありませんでした。

転職活動は、自分の人生に自信が持てるようになった、貴重な体験となりました。

転職を決心してから、実際に活動を始めるまでは心配や不安の方が大きかったですが、一大決心して行動して本当によかったと思っています。

 

まとめ

以上で建設業界 事務から法律事務所 事務職に転職した30代女性Kさんの転職体験談を終わります。

閲覧いただきありがとうございました。ちなみに今現在、転職を検討しているという貴方は以下の記事をご覧ください。

 

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイトランキング

親身なコンサルタントが魅力
DODA(デューダ)
5
運営会社 パーソナルキャリア株式会社
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約8万件
DODA(デューダ)

親身な対応が魅力!転職者満足度No.1の転職エージェント

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

転職成功実績No.1
リクルートエージェント
4.5
運営会社 株式会社リクルートキャリア
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約10万件
リクルートエージェント

非公開求人数No.1の転職エージェント

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

20代や第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社 株式会社マイナビ
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約1.5万件
マイナビエージェント

20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!