1. 転職KING
  2. 転職体験談
  3. ≫【体験談】コンピュータプログラマから法人事務に転職した40代女性Kさん

【体験談】コンピュータプログラマから法人事務に転職した40代女性Kさん

こちらでは、コンピュータプログラマから法人事務に転職した40代女性Kさんの転職体験談をお伝えします。

自分も似たような仕事についている。これから転職を考えている。興味関心があるという方は最後までご覧ください。

あなたの経歴について教えてください

ニックネーム Kさん
性別 女性
年齢 40代
転職前 コンピュータプログラマ
転職後 法人事務
使用した転職媒体 法人HP

以上のような感じです。では早速、転職の体験談を見ていきましょう。

 

あなたの転職の経緯と体験を教えてください

–前職の状況ですが入社時の環境は良かったです–

前職はIT関係のプログラム開発やシステム管理を行う企業に技術員として勤務していました。社員数は60名程度の小さな会社で、平均年齢は30代後半、女性比率は1割程度という業界においては平均的な構成とも言えるところでしたが、初任給が高めであったことと新規雇用研修がとても充実していたことから、エントリーを行い、ユニークな社長の人柄にも惹かれ、縁あって入社を決意しました。

プログラミングは未経験でもかまわないとの募集要項のとおり、入社後にはコンピュータ、プログラミング言語、ネットワーク等を基礎から学べる研修期間が設定されており、さらにその後時間をかけてOJTを行っていく流れとなっていたことから、どのような学部出身の方でも技術者として育つための環境は整っていたと思います。また、同期も仲が良く、先輩方も親身な方が多い上に技術者としても優秀で、新入社員にとって申し分のない状況でした。

–転職を決意したきっかけは裁量労働制でした–

業務に追われる傍らで、周囲の方々の境遇を知るたびに徐々に勤めている会社の実情が見えてくるようになりました。まずは業界全体が抱えるデスマーチと呼ばれる問題がありました。目まぐるしい進化を遂げるIT産業の業界において、求められるサービスや技術を実現するために。現場の技術員には非常に過酷な工程が突きつけられることは日常茶飯事であり、当初から無理のあるスケジュールの中で、慢性的に不足している技術者が過労やストレスで倒れることで、その連鎖が悪夢のように続くという地獄のような事態に遭遇することが実際にありました。

すばやく業務をこなすことのできる技術があれば、残業しなくても残業代を手にすることができるという裁量労働制は、どれだけ長時間の残業を行わなくてはならない状況下でも、その労働時間に見合った給与が支払われないことと同義であり、事実、会社に泊まり続ける日々もあった中で、その勤労に対する対価は何一つ得ることはありませんでした。

社内でも家庭を持つ方は2割程度であり、景気によりボーナスが不支給となることも珍しくなかったことから、家やマンションを購入している人はわずかであり、さらに退職金はすずめの涙程度であるとの話も何度も耳に入ってきました。入社当時の習得したIT技術を通して可能な限り社会に貢献したいという思いの元、多少無理をしながらも業務と勉強に努めてきたつもりでしたが、そのような状況下で私は当時の業界と会社に対して、全てを捧げる情熱を完全に失ってしまいました。

–転職時の苦労、引継ぎの労力はかなり大きかったですね–

業界と会社に対して、身を引くことを決意したものの、次の仕事を得る前に辞表を提出する勇気はなく、業務に追われる中で、転職活動を行いました。転職サイトでの情報収集や知人からの紹介も含め、限られた時間の中で大きな選択を揺ぎない決意とするまでには大変なエネルギーを費やしましたが、心から生涯を捧げる業界をもう一度選びなおしたいという率直な気持ちと必ず私の力でお役に立てることがあるはずであるという前向きな気持ちで何度も自分を奮い立たせました。

その思いが通じ、内定の通知を頂いたのは、次の仕事の勤務開始予定日の1か月少し前であったことから、引き止めも含め、従前の会社の上司や社長には大変なご迷惑をおかけしました。ちょうどその頃退職を申し出る方々が相次いでいたことから、どこかの企業からに引き抜きが横行しているのではとの疑惑も生じており、引継ぎへの影響もわずかながらありましたが、最終的に私の強い思いにご理解をいただき、円満退社となりました。

–転職後に大変満足しておりやりがいを感じています–

転職後まもなくの間は、今までの業界の仕事の進め方と全く異なることなど戸惑うことが数多くあり、苦労は少なくありませんでしたが、少しずつでも着実に経験を重ねることで、周囲の方々と同等に仕事をこなせるようになりました。仕事のやりがいや待遇については求めていたもの以上をいただいており、転職したことについて何ひとつ後悔はありません。

 

まとめ

以上でコンピュータプログラマから法人事務に転職した40代女性Kさんの転職体験談を終わります。

閲覧いただきありがとうございました。ちなみに今現在、転職を検討しているという貴方は以下の記事をご覧ください。

 

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイトランキング

親身なコンサルタントが魅力
DODA(デューダ)
5
運営会社 パーソナルキャリア株式会社
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約8万件
DODA(デューダ)

親身な対応が魅力!転職者満足度No.1の転職エージェント

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

転職成功実績No.1
リクルートエージェント
4.5
運営会社 株式会社リクルートキャリア
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約10万件
リクルートエージェント

非公開求人数No.1の転職エージェント

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

20代や第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社 株式会社マイナビ
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約1.5万件
マイナビエージェント

20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!