1. 転職KING
  2. 転職準備
  3. ≫転職に有利な時期は何月?|失敗しないおすすめの転職タイミングとは

転職に有利な時期は何月?|失敗しないおすすめの転職タイミングとは

「憧れの仕事がしたい!」「新しいことにチャレンジしたい!」みなさんはそんな転職をしたいという思いはありませんか?

しかし、いざ転職をしようと思ってもどういう風に行うべきなのか、いつ頃行えばうまくいくのか、そもそもいまやっている仕事はどうすればいいのかと色々考えなければいけないことがあります。

そこで、転職の時期について見ていきましょう。

採用ニーズの高る時期は3~4月と9~10月

画像引用転職活動を始めるチャンスは今!中途採用が活発になる時期 |転職ならDODA(デューダ)

転職をするときに採用ニーズが高い時期に活動したいですよね。

そこで「採用ニーズが高まる時期」ですが、これは間違いなく「期初め」です。社内の状態整備のために必要な人材の補充などを行います。

ニーズが高いということはそれだけ転職をする人が多くなるということで、企業側もすでに転職してしまった人のところに新しい人を入れたいと考え、期初めは採用ニーズが高まる傾向があります。

「期初め」というと上半期開始の3~4月と下半期開始の9~10月の間です。つまり、1年間に2回ほど合計すると大体4ヶ月ほど採用ニーズが高まる時期があることになります。

 

転職希望者が多い時期は2~3月と9~10月

転職をするときに他の転職活動をしているライバルの動きも気になりますよね。

転職希望者が多くなる時期も「期初め」に集中する傾向にあります。しかし、企業側の採用ニーズよりも転職希望者は少し前の時期に多くなる傾向があります。

これは決算が終わり、前の仕事がひと段落して転職をしやすいということで仕事が落ち着いた決算直後の2~3月と9~10月に転職希望者が多くなりやすいです。

 

ライバルが少ない穴場時期の8月・5月・12月

ライバルの多い時期に転職するとうまくいかないんじゃないか、なんて考える方もいるのではないでしょうか。

では、ライバルの少ない時期というのはいつなのでしょうか。期初めの最もライバルが多い時期を除いた他の期間の中でお勧めなのが、8月、5月、12月の3ヵ月です。

まず8月は下半期初めの9月の前の月ということで他のライバルよりも一歩先に動くことが出来るのでお勧めです。

企業の採用活動は9月から始まるところが多いのですが、9月の活動に向けて人事部も採用の用意を進めている場合が多いので8月から始めるとライバルたちよりも一歩先に企業へのアプローチが出来ます。

次の5月と10月ですが、期初めの4月と9月の直後ですのでライバルよりも遅れてしまうのでは、と思ってしまいますよね。

しかし、それが良いのです。なぜなら4月と9月の採用活動で必要な人材の補充が行えなかったり、職場環境の整備がさらに必要になったりする場合があるので、企業側としてはなんとしても人材が欲しい時期です。

そのため、企業に自分をしっかりとアピールすることが出来れば、かなり早いスピードで採用を獲得することが出来る時期です。

 

転職時期でよくある疑問について

こちらは転職時期でよくある疑問についてまとめています。興味のある方は最後までご覧になってみてください。

Q1.転職はボーナスをもらった後にすべきか?

転職を考える人にとって、ボーナスをもらってから転職をするかどうかは悩みどころでしょう。

ボーナスはこれまで会社に貢献してきた対価として支払われていますので、もらってから転職しても問題はありません。ボーナスをもらってから転職をするという人も多く、転職で出費がかさむ時期にはありがたいと感じる人も大勢みられています。

しかし問題は退職の意思を伝えるタイミングです。会社にとって社員に支払うボーナスには、社員の働きをねぎらうという意味の他にも、社員の業績の評価という意味もあります。

そのため、多くの会社においてボーナスに向けての査定が行われています。

このルールは会社によって違いますので一概には言えませんが、業績や働きぶりの悪い社員のボーナスは減額が可能で、支給なしとされることもあります。

ボーナスをもらえる会社で働いていても、転職の意向をボーナスの査定前に出してしまうと、減額や支給無しの対象となることもありますので、その点を押さえたスケジュール管理を行うことが大切です。

このボーナスの査定を行う時期や期間も会社によって異なるため、会社のルールを前もって調べておくのがいいでしょう。また、ボーナスをもらうことだけに着目しすぎて、条件のいい転職先を逃してしまわないことにも気をつける必要があります。

Q2.転職は出産前にすべきか出産後にすべきか?

女性にとって転職と出産の関係は気になるところでしょう。出産を機にこれまでのキャリアを見直そうと考える人も多く、転職のタイミングであるとも言えます。しかし、出産前か出産後かでは転職する状況が大きく変わります。

出産前に転職をする場合には、子供がいない状態で転職をしていますのでフルタイムでの仕事や残業も可能です。そのため転職先の選択肢が多いといえるでしょう。

転職をすると新しい環境に慣れる必要もありますので、実績を積むためにも時間に融通が利いたほうが有利です。

さらに育休を取得するためには転職から最低でも1年は継続した勤務が必要ですので、早めに転職することで育休が取りやすくなります。

しかし、この育休を取得するのに1年の継続勤務が条件というのは注意点でもあり、転職から早い時期に出産を望んでいる人には育休が取れないことになります。そのため、出産を2~3年後に予定し、転職計画を立てる必要があります。

出産後に転職をする場合には、産休や育休が取得しやすく、これまでキャリアを積んできた職場に復帰もしやすいという点がメリットでしょう。

ただ、小さい子供を抱えての転職活動は非常に難しいため、転職の時期が先送りになってしまうことも考えられます。

さらに3歳未満の子供を持つ女性の採用には慎重になる会社も多いのも事実です。そのため子供が3歳になる頃を目標にゆっくりと転職先を探すことになります。

Q3.転職は住宅ローンを組んでからにすべきか?

住宅ローンの審査では、勤続年数が重要です。勤続年数は安定してローンの返済ができるかどうかの基準となっているため、勤続年数が少ないと審査に通らない可能性が高くなります。

また、ローンの審査中に転職をしてしまうと、ローンの審査がやり直しになってしまうこともあります。

さらに審査のやり直しでは通るはずだったローンに通らなくなってしまったというケースが多くみられていますので、後悔しないためにも転職はローンの審査が終わってから行いましょう。

住宅ローンの審査に通り、ローンを支払っている状態であれば転職をしても影響はありません。

ただ、金融機関によっては転職先が大手の企業である場合にはローンが組める可能性もあります。同じ業種におけるキャリアアップの場合でもローンの審査が通過できるケースもみられていますので、金融機関に相談してみるのもいいでしょう。

Q4.転職は資格を取得してからすべきか?

転職に役立つ資格というのはもちろんあります。

IT系ではベンダー資格、外資系にはTOEIC(R)、会計事務所では会計士補以上といった資格は評価されています。しかし、資格を取得するためには時間もかかります。

退職してから資格取得に向けて勉強をするとなると仕事を始めるまでのブランクが大きく開いてしまうことも考えられるでしょう。

そのため現在の仕事を続けながら資格を取得し、その後に転職をするのがおすすめです。ただ、資格を取得しても新しい分野である場合には未経験者には変わりがありません。

そのため、応募可能な企業がある場合には資格取得のための勉強をつづけながらチャレンジするのもおすすめです。

資格を取得するために勉強をしたり、スクールに通っていたりする場合には全くの未経験者ではありません。応募する企業にその旨を伝えることで、仕事への熱意が評価されることも考えられます。

Q5.現職の在職期間が短い時の転職はどうすべきか?

在職期間の短さは転職では不利に働きます。

仕事のスキルは長くその仕事に携わることで身につくと考えられているため、在職期間が短いとスキルや経験が中途半端であるとみられてしまいます。

さらに、何度も転職を繰り返している場合には離職癖があると判断され、採用してもすぐにやめてしまうと感じられることも多いでしょう。

中途採用を行っている企業では、採用する人材に即戦力を求めます。そのため選考基準にはスキル・経験・実績の3つが重視されているのです。

しかし、現職の在職期間が短い場合でも転職理由や自己PRをしっかりと行うことでマイナス要因はカバーできます。

現職での失敗や反省もしっかりと織り混ぜ、どうして在職期間が短いうちに転職を決意したのかといった点に注力し納得させることが大切です。また、その企業が求める人材像ともしっかりとマッチさせましょう。

チームワークを基本としている会社に人間関係からの疲れで転職したいと考えている人は「チームワーク重視の環境で働きたい」といった理由もおすすめです。企業にマッチする人材でありながら、退職理由もポジティブに聞こえてくるでしょう。

その他にもこの企業においてどのような人材として働きたいのかといったキャリアプランをアピールすることで、この企業においてキャリアを積みたいと考えていることが伝わります。

このように自分がその企業で働きたいという意思を、意欲や熱意を交えてアピールすることで、現職の在職期間の短さはカバーができるのです。

Q6.転職占いは本当に参考にして大丈夫なのか?

転職に不安がある人は転職占いなどを利用し、自分に向いている転職先や転職の時期を知りたいと考える人も多いようです。確かに第三者から転職についてアドバイスがもらえると安心することもあるでしょう。

しかし、占いなどは参考程度にとどめ、自己分析をしっかりと行うことが大切です。自己分析を行うとどんな仕事に向いているのか、どんな仕事に就きたいと考えているのかということが確実に見えてきます。

好きな仕事と、得意な仕事というのは必ずしも一致しません。自己分析をすることで自分の強みを知り、納得のいく転職先が見つかります。

自己分析を始めるにあたって、まずはキャリアの棚卸をしましょう。これまでどんな職種で、どんな業務を行ってきたのかをもとに、その経験で得たことを洗い出します。

仕事以外の趣味などの経験も同時に棚卸しておくことで、新しい分野へ挑戦するといった可能性も広がるでしょう。その結果をもとに自分の強みを考えます。

前職や趣味で身につけた知識や能力が仕事でどのように活かせるかを見つけることが大切です。自分の強みが見つかることで、新しい仕事への自信にもつながります。

 

でも一番大事なのは自分の転職準備が出来ているか

転職は人生においてとても大きな転機になります。そのため、必ず成功させたいですよね。それには転職活動を行う時期も大切です。

しかし、それ以上に大切なのは自分の用意です。

いくら時期が良くても自分の準備が整っていなければ転職活動がうまくいくことはかなり難しいことだといえます。転職活動を成功させるために行っておくべき自分の準備は3つあります。

まずは自分を理解することです。自分の長所や短所などを理解していないと企業に自分のことをアピールするのは難しいです。さらに転職を成功させるためには企業選びも大切です。自分の希望にあった企業を探すのも大切な転職活動における準備の一つです。

そして、最後の一つは前の仕事をしっかりと引き継ぐことです。辞めてしまうから前の仕事はどうでもいいといきなり転職をしてはいけません。自分が辞めた後も仕事が滞りなく進むように引き継ぎ作業を行うこともまた転職前の大切な準備です。

 

逃げの転職は上手くいかないことが多い

「自分のスキルを活かしたい」「憧れの職業で働いてみたい」と向上心から転職をする方はとても多いでしょう。

しかし、その反面今働いている会社が嫌いでとにかく違う会社で働きたい、この状況から逃げたいと転職をする方も多いのではないでしょうか。

はっきりと言いますが、今の会社から逃げたいという思いで行う転職は上手くいかないことが多いです。

なぜなら「逃げたい」という思いが強く、転職を焦ってしまったり、退職をさせまいと引き留められたりしてしまうからです。

そのため、転職を行うのなら「どうして転職をしたいのか」をしっかりとまとめてみましょう。そうすると希望する職種や業界を決めるきっかけにもなります。自分の中に根っこのような考えの芯が決まると落ち着いて行動ができるようになるでしょう。

 

しっかりと自己分析をして転職準備をする

それでは転職前の準備で大切な「自己分析」について考えてみましょう。

自己分析において大切にしなければならないことは「自分がどういう人間か」ということです。資格や技能はもちろんですが、チームで動くのが得意なのか、1人で独立して動くのが得意なのかなど働き方を見つめることも大切です。

そして一番意識するべきなのは「自分がその会社に入ってなにができるか」というところです。企業としてはもちろん一緒に会社を支えていく存在です。

どんなことが出来るのか、それが会社にとってどんな利益をもたらしてくれるのかが気になるところです。そこで、企業側にこちらからどのような貢献ができるかを提案できるようにしておきましょう。

そうすると企業側は採用後のイメージが出来るので、「自分がその会社に入って何ができるか」というところはしっかりと考えておきましょう。

自己分析の詳細は以下の記事で解説しているのでご覧ください。

 

転職時は今の仕事の繁忙期を避けること

転職をするということはその前に働いている会社があることです。もしも前の会社で働いている最中から転職活動を行うのならその仕事の繁忙期は避けたほうがいいです。

仕事が忙しいということはそれだけ疲れは溜まって、体力や思考力が鈍ってしまうものです。そんな疲れ切った状況で転職活動をしても集中できないのでおすすめできません。

さらに転職の前に行う自分の準備として仕事の引き継ぎをしなければならないので、忙しい繁忙期に引き継ぎをしてしまうと他の社員の方も忙しいので引き継ぎがうまくいかないと考えられます。

そこで、転職をするのなら今している仕事の繁忙期が終わって、落ち着いた頃から行うと転職活動に集中することが出来るのでおすすめです。

 

転職に最適な時期は転職エージェントに相談もしよう

実は転職活動において時期や自己分析など大切なことは多いのですが、そのどれもが希望する職種や業界によって左右する物が多いです。

もちろん希望の職種や業界の繁忙期はまちまちですし、企業側が知りたいこともそれぞれ変わってきます。そんなとき大きな支えとなるのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントは転職活動に特化したスペシャリストです。

そのため、希望する職種や業界によって転職に最も適した時期や自己分析の内容などに相談に乗ってくれて、アドバイスをくれます。

転職をするのなら転職エージェントに相談して時期をしっかりと見極めて、そこに向けてエージェントと一緒に準備を進めることで自分一人で転職活動を行うよりもずっとスムーズに進められますし、きっと満足する結果を手にすることが出来るでしょう。

 

このコンテンツのまとめ

転職のニーズが高まるのは期初めである3~4月と9~10月で、転職の前には自己分析と企業分析と前職の引き継ぎが大切だと言うことでした。

しかし、前の項目でも取り上げましたが希望の企業や職種によって採用時期は大きく変わります。さらに時期によって必要とされる人材も変わってきます。

そんな移り変わりの激しい転職事情の中、一人で満足の行く転職を出来るのだろうかなど不安ですよね。

しかし、転職エージェントがいれば心配いりません。

エージェントは転職についての豊富な知識と技術を持っています。そのため、不安があるときはぜひエージェントに相談してみてください。エージェントは転職についてのプロです。

転職活動中にどんな不安を抱えてしまうのか、どうすればそれを解消できるのかなども熟知しているので必ずその不安を払しょくしてくれるでしょう。

転職をする場合には転職エージェントの利用をおすすめします。

 

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイトランキング

親身なコンサルタントが魅力
DODA(デューダ)
5
運営会社 パーソナルキャリア株式会社
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約8万件
DODA(デューダ)

親身な対応が魅力!転職者満足度No.1の転職エージェント

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

転職成功実績No.1
リクルートエージェント
4.5
運営会社 株式会社リクルートキャリア
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約10万件
リクルートエージェント

非公開求人数No.1の転職エージェント

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

20代や第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社 株式会社マイナビ
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約1.5万件
マイナビエージェント

20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!