1. 転職KING
  2. 転職先の探し方
  3. ≫効率よく転職活動する方法!徹底的に無駄な時間を省こう

効率よく転職活動する方法!徹底的に無駄な時間を省こう

ひとことで転職活動と言っても、求人情報のチェック、求人企業の研究、履歴書や職務経歴書の作成や面接など、様々な段階があります。

複数の企業を候補にする中でこれらの作業は結構な負担となりますので、無計画に漫然と活動をしていては、思い通りの結果には繋がらず時間ばかり過ぎる可能性が高くなります。

そこでここでは、無駄な時間を省き効率的に転職活動を行って、転職を成功させるための方法についてお話します。

効率よく転職活動するための4つの方法

まず、効率的な転職活動について考えるべきことは、大前提としてその転職が「成功」することです

その意味では、単に「手間を省く」というだけでは足りず、転職活動の内容も充実していなければなりません。

この観点からは、質の高い転職活動を効率的に行えるという条件を兼ね備えた方法を選ぶ必要があります。

これを実現するための4つの方法について、以下述べていこうと思います。

 

1.自己分析を行って自分の強みを明確化

転職活動において自己分析が大切であることは多く言われていることですが、効率の良い転職活動という意味でも、自己分析は最初にしっかり行っておくべきです。

この点、実は多くの方が求人企業の候補を見つけてから、それに合わせて自己分析を行うという順序に陥りがちですが、それではどうしてもその企業に合わせてしまい、客観的で冷静な自己分析にならないことがあります。

その上、候補企業が変わるたびに分析をやり直すことにもなりかねません。

大切なことは、しっかりと行った自己分析を前提に、その分析内容にそった自分に合った企業を探して応募することです。

そうすれば、応募後に自分の方からミスマッチに気づいて取りやめてしまうなどの無駄がなくなり、本当に自分の希望に合った企業にだけ応募することが出来るようになります。

そのためには、自分のキャリアの棚卸しを行い、どのような仕事にどのようなこだわりを持って取り組んできたのか、どんな苦労や成長があったのかを確認することがまず大切です。

その上で、ここは他人にはない自分の強みだ、と言える部分を明確化するのです。

これらの自己分析の中で、自分の今後の展望、つまりこれらの過去を前提に未来をどう拡げて行きたいのか、ということをはっきりさせていけば、どのような企業や職種への応募をすれば良いのかが自ずと見えてくるはずです。

ちなみに自己分析に関する詳細はこちら。

 

2.企業分析をして自分にあった会社を見極める

さて、自己分析をしっかり行ったら、応募企業の検討です。先に行った自己分析をもとに、自分に合った企業を探し、その内容を見極めていく作業です。

企業研究を行う一般的な方法としては、求人情報自体を精読するのはもちろんのこと、企業ホームページや新聞・業界紙のチェック、会社四季報などの企業情報誌やネット上での口コミのチェックなど、様々なものがあります。

その企業の事業内容や業界内でのシェア、将来性や社風等を把握することを前提に、最終的には今回の求人で求めている人材像が自分の自己分析内容とマッチしているかを確認していきます。

例えば、同じ営業職への応募であっても、営業先が個人なのか法人なのか、あるいは取扱い商品(サービス)によって自分自身のキャリアとマッチしているかの違いはあるでしょう。

また、社風によって自分が行っていきたい仕事のスタイルやステップアップの目標とのマッチ・ミスマッチは起こります。

自己分析とそこからくる自分の志向にマッチしそうな求人を選択した上で、企業研究を通して実際に応募すべき企業であるかどうか、ふるいにかけていく作業を行うというわけです。

このような作業を行っていくことは、実際に履歴書や職務経歴書を作成する際や、面接を受ける際にも役に立ちます。自分自身の強みや将来への展望と、応募企業への志望動機が有機的に関連付けられ、説得力のある説明をできるようになるでしょう。

ちなみに企業分析に関する参考記事はこちら。

 

3.複数の転職エージェントに登録する

上に挙げた2つのポイントは、転職活動において必須の項目ですが、やってみると意外と大変なものです。

例えば自己分析において、自分のキャリアを振り返って胸を張って強みを幾つも挙げられる人がそう多くいるわけではありません。

また、企業によっては、企業研究をしっかりしようと思っても、なかなか情報にアクセスできず、ぼんやりとした内容しかわからない場合もあります。

この点の困難を乗り越えるのにおススメなのは、転職エージェントの利用です。

転職エージェントを利用すると、自分を担当するキャリアコンサルタントが付きますが、例えば自己分析においては、このコンサルタントとの面談をする中で、自分自身でも気づかなかった強み、場合によっては自分自身の志向自体に気づかされるようなこともあります。

また、転職エージェントのキャリアコンサルタントは、それぞれ業界や具体的な企業について精通していることも多く、一般に触れられる情報だけでは得られない企業への理解を助けてくれます。

このように、転職活動で大切なポイントをクリアする上で、転職エージェントは非常にありがたい存在です。

 

ただし、1社だけの転職エージェントに最初から絞ることはおススメできません。

なぜなら、各社の転職エージェントによって得意・不得意分野があり、また1人のキャリアコンサルタントが抱える求職者数にばらつきがあるなど、いきなり自分の満足できる転職エージェント、キャリアコンサルタントに出会えるとは限らないからです。

そして何よりも大事なのは、自分を担当してくれるキャリアコンサルタントとの相性です。

結局のところ、人間同士がコミュニケーションを取りながら、転職というひとつの目標に向かっていくのですから、相性が悪ければそれだけ効果が出る可能性は低くなります。

そのような意味でも、最初は複数の転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントとの相性を見極めながら、1,2社に絞っていくという使い方がおススメです。

 

4.優秀な転職エージェントにサポートしてもらう

このように最初は複数の転職エージェントを利用し、徐々に相性に応じてエージェントを絞っていったら、キャリアコンサルタントと密にコミュニケーションを取りながら転職活動を行っていきます。

先に述べた、自己分析や今後のキャリアデザインについても、相性の合うキャリアコンサルタントと話しながらであれば、第三者でありまたプロでもある目で自分自身が気付かない強みを見つけてくれるでしょう。

また、求人企業についての情報や業界の知識なども、キャリアコンサルタントのサポートの中で増やしていくことができます。

また、キャリアコンサルタントは、求人企業側のニーズをしっかりと把握していますので、ミスマッチな応募を防ぎ、非効率な転職活動に労力をかけてしまうことも防げます。

ただ、優秀で相性の合うエージェントに絞ると言っても、他のエージェントとの関係を完全に断ち切る必要はありません。

実際には1、2社に絞りつつも、他のエージェントとも関係をある程度維持しておけば、後々情報をもらったり、必要なときに再び活用したりすることができます。

もっとも、キャリアコンサルタントとの関係も人間関係ですので、信頼関係を大事につきあっていくことが転職活動成功にも繋がると考えておくことは必要でしょう。

 

転職活動は在職中にすべきか?それとも辞めてから?

転職を決意した時に初めて出てくる悩みが、転職活動を在職中に始めるべきか退職後に始めるべきかという事ではないでしょうか。

一番理想的なのは、在職中に希望の転職先が見つかりすんなり採用してもらえることですが、世の中そんなにうまくいくものではありません。

そもそも現職で働きながらとなると、転職活動に割く時間を確保できるかどうかも怪しいものです。かと言って、確実に採用される保証もないのに退職後に転職活動を始めるのにも不安があります。

在職中と退職後ではどちらの方が転職活動をする上で有利なのでしょうか。

 

在職中の転職活動の利点と欠点

在職中の転職活動のメリット

在職中に転職活動を始める最大のメリットは、収入を確保した状態で転職活動を行えるという点です。

経済的な不安が無いので、自分にとって本当に良い条件の会社探しができ、転職先に妥協せずに済みます。

また、職歴に間が空かないので、採用する企業側の印象も良くなります。途中で仕事を投げ出さずに転職活動をしていたと見てもらいやすく、仕事に対する責任感がある人間と感じてもらえるでしょう。

 

在職中の転職活動のデメリット

在職中の転職活動で一番問題になるのが、転職活動に割く時間の確保です。平日勤務の会社員の場合、土日休みで平日の夕方頃までしか営業していないハローワークを利用するのは難しいでしょう。

最近ではインターネットの求人情報サイトで転職先の検索はできるようになっていますが、面接の時間だけは何とか作らなければなりません。土日に面接を行っている企業ならば問題ないかもしれませんが、そのような企業はあまり多いとは言えません。

さらに、採用する企業側からしてみれば、いつから勤務できるのかというのが気になるところです。採用が決まってから退職の手続きを行う場合、仕事の引継ぎや各種事務処理を行うため1~3ヶ月は時間がかかってしまうこともあるでしょう。

企業側が即戦力を必要としている場合は、せっかくのチャンスを逃してしまう結果になるかもしれません。

 

退職後の転職活動の利点と欠点

退職後の転職活動のメリット

退職後に転職活動を始める最大のメリットは、転職活動に割く時間を確実に確保できることです。国内最大級の求人案件数を取り扱っているハローワークに通うことも可能になり、面接の日程に悩む必要もなくなります。

そして在職中に転職活動を行っている人と大きく差をつけられるのが、企業側が提示する日にいつでも勤務をスタートさせることができるという点です。

即戦力を必要としている企業にとっては、どんなに優秀な人でも勤務開始までに数ヶ月もかかってしまうようであれば採用を躊躇します。その点、退職している人は「明日からでも出勤できます!」とアピールすることができるのです。

 

退職後の転職活動のデメリット

退職後の転職活動で一番問題になるのが、経済面の問題です。転職活動は、始めたからと言ってすぐに次の職場が決まるとは限りません。

莫大な額の貯金がある人ならば問題ないかもしれませんが、貯金を削りながら生活するというのは精神的な負担がかなり大きくなります。なかなか次の職場が決まらない場合、精神状態が不安定なままで、妥協せずに転職活動を進めることができるでしょうか?

経済的に苦しくなってきたので焦って決めた企業が、働き始めてみると前職よりもはるかに劣悪な環境だった、なんてことになる可能性だってあります。

退職してしまっていたら前の職場に戻ることはできませんし、転職自体を後悔する結果になるかもしれません。

また採用する企業側も、前職を退職してからのブランク期間はどのようにして過ごしてきたのか、働く意欲が低いのではないか、という点が気になるはずです。

ブランク期間は転職活動をしていたことを伝えた場合でも、他の企業に採用されなかったのはなぜだろう、と疑問を持たれかねません。

 

リスク回避という観点から可能な限り在職中に転職すべき

転職活動を始めるタイミングは、在職中であれ退職後であれメリット・デメリット両方あります。

しかし、収入が入り続けているということを考えれば、在職中に転職活動を始めた方がリスクは少ないと言えます。

極端に言えば、在職中であれば万が一次の職場が決まらなかったとしても、無職になることはないのですから、よっぽどの事情が無い限り、ゆっくりとしたペースであってもほとんど時間無制限で転職活動をやり続けることができるのです。

 

在職中の転職活動のスケジュールについて

在職中の転職活動はとにかく時間がありません。同じ業界で転職を考えている場合は、現職の就業時間と希望する転職先の就業時間が似ていることが多く、面接の日程を確保するだけでも苦労します。

時には半休や有休を利用する必要が出てくることもあるでしょう。効率よく転職活動を始めるためにも、無駄のないスケジュール作りをしましょう。

 

1.転職前に準備をする

まず最初に考えなければいけないのが、なぜ転職を決意したかということです。現状に満足していれば転職という判断に至らなかったはずです。

となれば、転職後は現状よりも良い環境で働けていなくてはなりません。転職理由は人によって様々です。

現職に将来性を感じることができなかったから、上司の仕事のやり方や会社の方針がどうしても我慢できなかったから、さらにキャリアアップ・スキルアップをしたいから、など。もっと単純に、給料が安すぎる、休みが少なすぎる、というような理由もあるでしょう。

そしてもう一つ重要なのが、自己分析をすることです。企業に採用してもらうために、客観的に自分自身を見て、自分には何ができて、自分ができることが企業にとってどのような価値があるのか、これらを転職前に分析しておく必要があります。

 

2.企業の選定・情報収集

企業の選定や情報収集を行うのに最も効率的なのは、転職を希望する企業で実際に働いている人に直接話を聞くことです。

誰でも可能な方法というわけではありませんが、知り合いがいる場合は積極的に話を聞きに行きましょう。さらに、転職エージェントの活用や転職サイトへの登録も有効的です。

様々な角度から情報を収集することで、求人情報を見る目も肥えてきます。情報量が多ければ多いほど、自分の希望条件に近い企業と出会える可能性が高くなります。

 

3.応募書類作成・面接対策

気になる企業が決まったら履歴書や職務履歴書などの応募書類を作成して提出していきます。

応募書類を提出してから選考結果まで時間がかかるので、転職活動期間を短縮するためにも複数の企業にまとめて応募するようにしましょう。

複数の企業に応募をして順に面接してもらうことで、面接での疑問点から企業の比較検討を行うことができます。面接で浮かび上がった疑問点を明確にすることで、次の面接の対策にもなります。

 

4.引継ぎ・退職手続き

無事に企業から内定をもらうことができたら、いよいよ退職交渉です。予想以上に退職交渉が長びいてしまったというケースもあるので、退職の意志をしっかりと伝えておきましょう。

後任への仕事の引継ぎは、引き継ぎ書類などにまとめておくとスムーズでしょう。引継ぎ書類の作成は転職活動中でもできますので、退職の意志を伝えるのと同時に後任に渡せるようにしておきましょう。

 

転職エージェントの力を借りて転職を有利に

さらに転職エージェントを利用すれば有利な面があります。

それは、転職エージェントが一般の求人情報では掲載されることのない「非公開求人」を抱えていることが多く、一人で転職活動していたのでは手の届かない求人に応募が可能となる点です。

これだけでも利用価値は大きいと言えますが、上に述べてきたように、自己分析や企業研究のサポートとそれをもとに履歴書や職務経歴書の作成や書き直しの相談にも乗ってくれますので、一人で転職活動を行うよりもずっと効率的であると言えるでしょう。

さらに、面接の日程調整や、転職が決定した後の条件交渉等まで関わってくれる転職エージェントの存在は、様々な煩雑な作業を効率化するとともに、転職活動の質を向上させる非常にありがたいものです。

 

このコンテンツのまとめ

ここまで、転職活動においては自己分析と企業研究が非常に重要であること、またこれらの点を含め、質が高く効率のよい転職活動を行う上では転職エージェントの利用が非常に有利であることを述べてきました。

これらに付け加えるならば、転職エージェントは転職活動における不安、悩みに寄り添って心理的に支えてくれる存在にもなる心強い存在です。

賢く転職エージェントを利用して、効率よく転職活動を成功させましょう。ちなみにおすすめの転職エージェントはこちら。

 

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイトランキング

親身なコンサルタントが魅力
DODA(デューダ)
5
運営会社 パーソナルキャリア株式会社
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約8万件
DODA(デューダ)

親身な対応が魅力!転職者満足度No.1の転職エージェント

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

転職成功実績No.1
リクルートエージェント
4.5
運営会社 株式会社リクルートキャリア
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約10万件
リクルートエージェント

非公開求人数No.1の転職エージェント

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

20代や第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社 株式会社マイナビ
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約1.5万件
マイナビエージェント

20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!