1. 転職KING
  2. 転職先の探し方
  3. ≫企業研究・業界分析の正しいやり方・方法について

企業研究・業界分析の正しいやり方・方法について

キャリアアップのために転職を検討している人は少なくありません。

その際どのような企業に転職すれば良いのか、現在の業界の市場はどのようになっているのかなど、企業研究や業界分析を行うのは非常に重要な意味を持ちます。

そこで今回は、企業研究や業界分析の重要性や正しいやり方・方法などに関する情報を紹介していきます。

企業研究や業界分析はなぜ必要なのか?

転職活動において、応募先の企業研究および業界分析は必要不可欠だと考えられています。

新卒採用の場合は会社説明会やセミナーなど分析するための情報収集のできる場がありましたが、転職などの中途採用の場合は自分たちで情報を集めなければいけません。

特に未経験の分野に転職を検討している場合は企業だけではなくその業界に関する分析も必要とされているのです。しかし、そもそも何故企業研究や業界分析が必要とされているのか分からない人もいるようです。

一般的に企業研究や業界分析が必要とされている理由には大きく分けて3種類の目的があり、「転職後のミスマッチを防ぐ」「面接時の対応の対策」「志望動機の発見に役立つ」が挙げられています。

 

1.転職後のミスマッチを防ぐため

まず企業研究や業界分析を行なう理由で重要となっているのが、転職してからのミスマッチを防げるかどうかです。

そもそもキャリアアップ目的で転職する場合には、希望する企業はキャリアアップに必要な設備や研修などの機会が存在しているかどうかがポイントになります。

特に資格取得を目指しているのであれば、資格取得の支援やサポートが充実しているかどうかは確認しておきたいと考えている人も多いです。

さらに違う業界に転職する場合、自分が思っているような業務内容なのかどうか、キャリアアップに繋がるのかどうかなど経験がないからこそ理想と現実の擦り合わせをしておかなければいけません。

このようなポイントを分析して、企業や業界と自分がマッチするのかどうか、本当に自分が働きたいと思えるところなのかどうかを考える判断材料にする必要があるのです。

 

2.面接時の対応のために必要

また企業研究や業界分析をしていくうちに見えてくるのが、希望する企業の理念や考え方、業界を取り巻いている事情、さらには企業や業界が求めている人材に関する傾向です。

これらのポイントを念頭に入れて面接対策をしておけば答えに詰まってしまう事態を回避できますし、未経験の業界に関しても興味を持って勉強している姿をアピールできます。

ほかにも企業や業界に関する情報を分析しておけば会話の幅も広げられますし、何を質問すればいいのか、何を確認しておけば良いのか質問内容についても整理しやすくなります。

そのため面接時の対応をシミュレーションする上でも、企業や業界を分析しておくのは必要不可欠だと考えられているのです。

 

3.志望動機の発見に役立つから

企業研究や業界分析によって豊富な知識を得られれば、具体的な志望動機を作ることができます。

履歴書や面接で意欲があることをアピールできるため、非常に高く評価されます。まだ目指す業界や志望動機が決まっていない場合、分析することで新しい発見があるかもしれません。

さまざまなメリットがあるので、転職活動を始める前に企業と業界の分析を行うことが大切です。

 

業界分析と企業研究で押さえておきたいポイントとは?

1.業界分析時の見るべき5つのポイントについて

  1. 業界の規模
  2. 業界の特徴
  3. 業界の将来性
  4. 業界の国際性・社会性
  5. 業界の景気

まず、業界分析では「規模」を確認することが大切です。規模が大きいほどさまざまな職種があるため、選択肢が広がります。

業界の「特徴」は必要不可欠な要素です。例えばIT業界なら高額収入が期待でき、飲食業界は勤務時間を選べる可能性があります。

特徴が自分にマッチしているか確認すれば、自分の適性度を確認できます。先程説明した規模を分析すると業界の「将来性」をチェックでき、長く続けていける仕事か知ることが可能です。

特に「国際性・社会性」のある業界は今後活躍の場を広げる可能性が高いので、将来性があると判断できます。最後に「業界の景気」をチェックすれば、安定した収入を得られるか事前に把握できるでしょう。

 

2.企業研究時の見るべき10つのポイントについて

  1. 代表取締役
  2. 企業理念
  3. 企業の基本情報(資本金・拠点等)
  4. 業績の詳細
  5. 事業内容
  6. 社風
  7. 競合に対する強み・弱み
  8. 関連企業
  9. 社内制度
  10. 主要取引先・販売先

企業はそれぞれ特徴が異なるため、業界分析よりチェックするポイントが多いです。まず、「代表取締役」「企業理念」「企業の基本情報(資本金や拠点など)」を確認しましょう。これらの3点をチェックすれば企業の方針や規模を知ることができます。

基本情報を踏まえた上で「業績の詳細情報」や「事業内容」を研究してください。どのような事業によって業績を上げているかだけではなく、上手くいっていない事業まで確認することがコツとなります。

なぜなら面接時に「上手くいっていない事業は今後どのように展開するのですか?」と逆質問できるからです。これは企業研究を行っていないと質問できないことなので、高く評価される可能性があります。

さらに企業独自の特徴を探りたい場合は、「社風」「競合に対する強みと弱み」「関連企業」「社内制度」の4点を確認すると良いかもしれません。

社風や社内制度は自分と企業の相性が分かる部分なので社員の口コミなどを参考に、情報を入手しましょう。競合や関連企業に関する情報を集めて他社と比較すれば、自然と企業の魅力を知ることができます。

志望している企業以外に「主要取引先や販売先」まで確認すると、転職した時にどのような人と接するかが分かります。

 

具体的な企業と業界の情報収集方法について

上記のように企業や業界を分析しておく必要性については転職を検討する人たちの多くが理解しているのですが、実際にどのように情報収集や分析をしていいのか分からない人も少なくありません。

まず分析する前に自分の中で考えておかなければいけないのが「自分が働きたい会社・キャリアアップしたい会社がどのようなものなのか設定する」ところです。

特にキャリアアップの場合は何をキャリアアップしたいのか、どのような将来像を見据えているのかを明確に設定する必要があり、その目標を踏まえて企業や業界を分析するのがおすすめされています。

そして具体的に企業研究および業界分析をする方法としては、代表的なものとして4種類の方法が挙げられています。

 

1.企業のコーポレートサイト・採用サイトを見る

インターネットが普及した現在、日本にあるほとんどの企業は独自のコーポレートサイトを運営しています。サイト上では企業理念や経営理念をはじめとした企業に関する情報はもちろん、業界に関する情報が閲覧可能です。

またSNSの普及に伴って企業側もSNSを利用した情報発信を積極的に行なっているので、そちらも参考にしながら必要な情報を集めていきます。

 

2.会社四季報・就職四季報を見る

企業側から発信された情報はあくまでも企業側の主観的な情報であり、分析するためには客観的な情報も収集する必要があります。

そこで紹介されているのが「会社四季報」「就職四季報」などの第三者がまとめている企業や業界に関する情報誌です。

こちらは定期的に発刊されているのでその時その時の情報を確認できるようになっているほか、複数の企業の情報を収集および比較できるところがメリットです。また面接対策に使えるデータが記載されている場合もあるので、積極的な活用がおすすめできます。

 

3.IR情報を見る

また企業や業界は投資家に向けて経営状況や財務状況、業績動向に関する情報(IR情報)を発信しています。

一見すると投資家向けなので企業研究や業界分析には必要ないと思われがちですが、IR情報には企業の経営状況や市場の環境、競合の環境をどのように捉えているのか、業績の良い企業と悪い企業にどのような対策を考えているのか、今後の事業展開などの情報が記載されているのです。

つまり企業側の業界への考え方や競合している企業への対応など、今後の将来性を分析できる情報が数多く収集できるようになっています。さらに社員の平均年収や平均年齢なども確認できるので、収集しておいて損はない情報となっています。

 

4.ニュースや新聞等で情報収集

実際に企業研究や業界分析を行う場合、いくつかの方法があります。まず、ニュースや新聞で情報収集すると、業界全体の動向を探ることができます。

旬な情報を入手できるため、「最新情報までチェックしている」と評価されるでしょう。また、業界以外のニュースを知ることができ、筆記試験でも役立ちます。

テレビで放送されているニュースは映像と音声によって情報を得られるので、分かりやすいことが魅力です。企業研究を始めたばかりの頃はテレビニュース、より専門的な知識を得たい場合は新聞を活用すると良いでしょう。

 

5.経営陣のSNSや著書を見てみる

最近は企業の経営陣がSNSやブログを更新しているケースがあります。どのような思いで働いているか、どのような仕事をしているかなどリアルな情報を入手できることが特徴となります。

コメントを残せるタイプであれば、気になる情報を聞くことも可能です。経営陣が著書を出版している場合、1度読んでみる方法もあります。企業の歴史や業界に関する著書が多いので、本を読みながら知識を蓄えることができます。

 

6.OB・OG訪問を検討する

新聞やSNSに加えて、OB・OG訪問をすることが大切です。実際に企業で働いていた人からリアルな話を聞けるので、非常に役立ちます。

OB・OG訪問をするなら、知人や友人に自分の目指している業界で働いている人がいないか探してみましょう。企業がOBやOGを招いて勉強会を開いていることもあるので、情報をこまめにチェックすることがコツです。

さらに、最近はアプリを使って初対面の相手と一緒にお茶をするサービスが展開されています。「○○業界で働いている人の話が聞きたい」といった内容を掲示板に書き込めば、該当する人がアプローチしてくれるという仕組みです。

知り合いに業界人がいなくても企業研究や業界分析を実践できる方法なので試してみてください。

 

起業研究ノートのまとめ方の4つのコツについて

企業研究や業界分析は情報収集後に比較することが大切です。そのため研究後に比較しやすいように、集めた情報を研究ノートにまとめておくと良いかもしれません。

研究ノートのまとめ方にもコツがあるので、今回は4つのポイントを紹介します。

 

1.リサーチ内容はしっかりと起業研究ノートに書き出す

リサーチした内容を細かく企業研究ノートに書き出すことが大前提となります。

箇条書きや改行を上手く使って、見やすくすることがコツです。最初にフォーマットを作ってから書き始めれば、見やすいノートとなるでしょう。

 

2.企業の特徴・強み・弱みを洗い出してまとめてみよう

企業研究ノートにリサーチ内容をまとめたら、その情報を元に企業の特徴・強み・弱みを洗い出してみましょう。これらの情報も企業研究ノートに記載できるように、あらかじめ空欄を作っておくと良いかもしれません。

企業の特徴は自分との相性を確認する時に便利な情報ですが、強みや弱みは面接時に活用できます。面接官は応募者が企業を研究しているか確認するために、「自社の強みや弱みは何だと思いますか?」と質問するケースが多いです。

企業研究ノートを使って強みや弱みをまとめておけば、他社と比較しながら答えることができます。客観的に企業を見られる能力は非常に高く評価されるので、転職が成功しやすいです。

 

3.SWOT分析で比較して志望企業の業界の立ち位置を把握

複数の企業を比較する際、「SWOT分析」が非常に便利です。SWOT分析は企業のマーケティング戦略を決定する時にも活用されている方法となります。

転職した時にSWOT分析を依頼されることもあるため、転職活動時に行っておくと良いでしょう。

そもそもSWOT分析とは「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」を組み合わせています。4つのポイントを分析しながら、企業の特徴やビジネスチャンスを探るのがSWOT分析の目的です。

SWOT分析を行う場合、「もし現状が変化したら企業はどうなるか?」と仮説を立てて考えることがコツとなります。

環境の変化に対応できる要素は企業の強み、逆に変化に耐えられない部分は企業の弱みと判断できます。SWOT分析は企業の業界における立ち位置を確認できるため、将来性を知るきっかけとなるでしょう。

 

4.志望企業と特徴と志望動機や自己PRを紐づけしよう!

企業や業界を分析・比較しただけで終わってはいけません。大切なのはリサーチした情報を転職活動で生かすことです。

企業の特徴と志望動機や自己PRを結び付け、高く評価されるような内容にブラッシュアップする必要があります。例えば研究前は「企業がさまざまな事業を展開しているので~」としか言えなかったでしょう。

しかし、研究すれば「○○という理由から業績が上がっている飲食部門で○○などの事業を展開し、貢献したい」と具体的な内容を伝えることができます。自分や企業の将来を見通して仕事ができることをアピールできるため、採用される確率がアップします。

 

企業研究・業界分析は8割程度!やり過ぎには注意!

ここまで企業研究および業界分析の必要性と方法について紹介しましたが、やりすぎてしまうと逆に転職活動に対する満足度が下がってしまうと指摘されています。

満足度が低下すれば転職やキャリアアップへの意欲も低下してしまうので、最終的には転職そのものが頓挫してしまう可能性もあるのです。

どういうことなのかというと、企業研究や業界分析はあくまでも自分が希望する内容にマッチしているのかどうかを分析するためのものです。

しかし分析しすぎてしまうと会社や業界の悪いところも当然見えてきますし、自分が希望している企業よりも上の企業が数多く存在する事実もわかります。

さらに分析する情報には目処がなく、分析に集中しすぎるあまり転職活動がおざなりになってしまうケースもあるのです。

そのため企業研究や業界分析は8割程度に留めておき、視野を広げすぎないように早めに決断するのが大切だとされています。

 

このコンテンツのまとめ

転職活動をする上で希望する企業や業界の情報を知らずに挑戦するのは無謀ですし、転職後に失敗してしまうケースが多いです。

そのため情報収集や分析を行なって自分の理想とマッチする企業や業界を絞っていくのが大切ですし、より確実に転職やキャリアアップを成功させるための手段として重要視されています。

分析するための材料となる情報は企業側や第三者から幅広く提供されているので、様々な企業や業界の情報を収集・分析しながら比較検討していくのが正しいやり方だと言えます。

ただしやり過ぎてしまうのも転職の失敗に繋がりかねないため、程よく転職活動のサポートとして分析した情報を活用するのが大切です。

 

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイトランキング

親身なコンサルタントが魅力
DODA(デューダ)
5
運営会社 パーソナルキャリア株式会社
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約8万件
DODA(デューダ)

親身な対応が魅力!転職者満足度No.1の転職エージェント

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

転職成功実績No.1
リクルートエージェント
4.5
運営会社 株式会社リクルートキャリア
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約10万件
リクルートエージェント

非公開求人数No.1の転職エージェント

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

20代や第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社 株式会社マイナビ
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約1.5万件
マイナビエージェント

20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!