1. 転職KING
  2. 自己PR
  3. ≫【例文有り】転職時の履歴書の志望動機(理由)の書き方と面接対策まとめ

【例文有り】転職時の履歴書の志望動機(理由)の書き方と面接対策まとめ

転職活動において最初に差がつくのは、応募書類である履歴書・職務経歴書です。

中でも志望動機・理由については実際の面接においても、最初に質問されることが多く、かつ、自分自身をしっかりとアピールできるチャンスでもあります。

しっかりとその内容を考えた上で応募書類を作成し、実際の面接においても、説得力のある説明ができるようにしておくことが必要です。

志望動機を書く際に抑えておきたい4つのポイント

志望動機を書く際に意識すべきことを端的に言えば、求人企業の採用担当者に「この人は他社ではなくこの会社で働きたいのだな」と思ってもらえること。

また「この人の能力とキャラクターがあれば会社で力を発揮してくれそうだな」と思ってもらえるように書くということです。

このようなことが伝わる志望動機の書き方について、以下具体的に4つのポイントについて説明していきましょう。

 

1.企業研究をして志望動機に落とし込む

まず意識すべきことは、応募する会社について企業研究をして志望動機に落とし込むことです。

その企業が魅力的に見えるということを伝えたければ、まずその企業について知っていること、理解していることを伝えなければなりません。

ただ、少し調べれば誰でも知ることのできるような事業内容や商品(サービス)、業界内でのシェア、あるいは公開されている経営方針や社風などを並べ立てても、他の応募者と変わらない、ある意味採用担当者にとっては「聞き飽きた」内容になってしまいます。

そこで大切なことは、企業研究の内容と自分自身の体験やエピソードを組み合わせて志望動機を説明することです。

その会社の商品に触れた経験や、社風に接した機会などがあれば、それを積極的に志望動機に組み込むべきです。そうすれば、横並びでないオリジナルな志望動機になるはずです。

ちなみに企業研究・分析方法に関しては、以下の参考記事をご覧ください。

 

2.自分の経歴がその企業で生かせるのか?

次に考えるべきは、自分の経歴がその企業で生かせるかどうかです。

もちろん、例えば営業職の募集であれば、現職や過去の経験の中での営業経験をアピールすることはできるでしょうし、人事部門の採用であれば過去の人事担当経験をPRすることになるでしょう。

ただ、「営業経験が生かせます」というような説明ではほとんどアピールにはなりません。

大切なことは、具体的に取り組んだ仕事の内容とそこでの苦労や成果などを織り込んで、そこで身につけた力をどのように生かしていこうと考えているかまで説明することなのです。

ちなみに自己PRをするうえで重要になるのは、しっかりとした自己分析が出来ているかどうかです。詳細は以下の参考記事をご覧ください。

 

3.企業が求める人材とマッチングしているかどうか?

さらに、企業がどのような人材を求めているのかを良く把握し、その人材像と自分がマッチングしているかどうかを考えなければなりません。

中途採用をする企業が共通して求める人材像としては、積極的、かつ柔軟であることが挙げられますが、この他にも、募集職種や社風によって求める人材像は異なります。

例えば、サービス系の職種であれば細かな配慮ができる人材が求められることが多く、専門系の職種であれば緻密性が要求されることが多いでしょう。

社風によっては、とにかく前向きに突進していくような人材を求めている場合もありますし、一方で冷静な精査の下に行動できる人物を探している場合もあります。

これらのマッチングを確かめたら、それを積極的に表現すべきです。そのためにはやはり自分自身の経験やエピソードから、具体的に自分がマッチしているということを説明する必要があります。

 

4.転職理由と志望理由の整合性が取れているか?

志望動機の書き方として注意すべき最後のポイントは、転職理由と志望理由に一貫性があるかどうか、という点です。

転職理由の中には「なぜ現職(前職)を辞めるのか」が含まれますが、そこには多少のネガティブな要素が含まれるのが通常でしょう。しかしその要素は、程度の違いは多少あっても実は求人企業にもあるかも知れません。

例えば、求人企業側が「明確な分業体制の中での安定したパフォーマンス」を求めている大企業であるのに、転職理由を「裁量が小さくチャレンジするやりがいを感じられなかった」と説明すると整合性が取れません。

ここは事前に良く注意しておくべきですが、それだけでなく「裁量の小ささ」というネガティブ面を転職理由としたために、「ウチでもそういう面はありますよ」と突っ込まれるリスクが生じているとも言えます。

そこでおススメなのは、一定の目標の下にキャリアを積もうとしている、という姿勢を表現することです。「一貫したポジティブな目標を叶えるために限界のある環境から次の環境に移りたい」というストーリーの下に、転職理由と志望理由の整合性をとっていくことです。

ストーリーと言っても単なる作り話ではなく、この機会に自分自身の目標を見つめ直してみると、自分なりのストーリーが見つかるのではないかと思います。

 

志望動機の具体的な書き方・例文について

ここまで見てきた4つのポイントを踏まえて志望動機を書いた例を挙げてみます。

志望動機の例文

「私は、現職で携わっている人事の実務経験の中で、従業員が持続的にやりがいを持てる人事評価の確立に強い関心を持ってきました。

単なる数値的な成果主義だけではない新しい評価手法についても勉強をしてきましたが、現職では残念ながらそれが生かせる環境ではなくなってしまいました。

この点御社では、事業の積極的な海外展開を支える従業員を支え、強いやりがいを感じてもらえるように、新しい人事評価制度の導入を計画されていると聞いており、自分の目標としてきた人事評価の策定に関わり、勉強してきた知識が活かせると考えました。

また、御社の○○という商品を使用したことがあり、その技術力とともにサポートの手厚さにも感動した覚えがあります。このような事業を支える従業員の方々を支えるため、積極的にコミュニケーションを取りながら、即戦力として御社に貢献したいと考えております。」

これは人事部での採用への応募の例です。経歴、転職理由、企業研究、人材像の順にポイントをおさえています。

そして、実際の面接の際に、採用担当者が「もっと詳しく聞きたい」と思えるような経験やエピソードなどの材料を、具体性をもって書いておくようにしています。

 

志望動機が書けない・思いつかない場合はどうすべき?

転職において志望動機はとても大事ですが、簡単に思いつけずに何も書けないことがあります。このような場合、どうすればいいのでしょうか。

ここからは具体的なプロセスに沿って、志望動機を書くためにどうすればいいかを解説していきます。

 

1.企業分析・業界分析をやり直す

志望動機が思いつかないという場合、まず初めにするべきなのが企業分析や業界分析をやり直すことです。なぜなら、志望動機が思いつかないというのは、つまりその企業や業界の魅力を十分に把握できていないということだからです。

この状態のまま志望動機を書いてしまうと、他の人との差別化が難しく、採用担当者にとっては「見飽きた」「聞き飽きた」ものとなってしまい、採用につながりません。

もう一度志望している企業や業界を詳しく知るために調べ直してみると、どうしてその業界のその企業を志望しようと思ったのかが、自然と見えてくるはずです。

 

2.自己分析をやり直す

業界や企業に志望しようとする理由は、その業界に志望しようとしている人それぞれの経験や考え方によって千差万別です。

自分がどのような企業でどんな風に働きたいかというイメージが、明確にできていなかったりしませんか。それができていなければ、採用担当者の心に響く志望動機を書くことはできません。

もう一度、自己分析をしっかりとやり直してみてください。そうすれば、自分がどうしてその業界や企業に志望しようとしたかが、具体的な言葉として表現できるようになるはずです。

 

3.自分が企業に惹かれる理由を繋げる

志望動機には、どうして他の業界や会社ではなく、その業界のその企業を選んだのかという理由を必ず書かなければなりません。

社風が自分に合っていそうだからなのか、それとも社長の考える経営理念に共感したからなのか、もしくは、新しいことに挑戦してステップアップができそうな企業だと考えたからなのか。

同じ企業を志望している他の人から一歩リードするためには、そういった「その企業でなければならない」理由を、なるべく具体的に志望動機に盛り込まなければなりません。

まずは箇条書きでもいいので、自分がその企業に惹かれた理由を挙げていってください。その順番や表現を考えて文章としてまとめれば、立派な志望動機の完成です。

 

4.入社後にどうしたいかをイメージする

多くの人が転職を考えるきっかけは、新しい会社に移ることで今の会社ではできなかったことができそうだから、というものです。

そうだとすれば、あるいはそうでなくても、具体的に入社後に新しい会社で何がしたいかを考えることは、志望動機を考える上で非常に大事なことです。

入社後にどんな部署に所属されて、どんな仕事をして、どんな成果を挙げられるかが具体的にイメージできていますか。漠然としている入社後のイメージを、具体化しながらふくらませて書けば、それだけで立派な志望動機になります。

 

なぜ面接時に志望動機は必ず質問されるのか?

志望動機は履歴書に書かなければならないのはもちろん、面接時にも必ず質問されます。

それではどうして、面接時には志望動機が必ず質問されるのでしょうか。ここからは、企業の採用担当者が何のために志望動機を質問しているのかについて解説していきます。

 

1.応募者の志望度を測るために質問している

学校からの就職はもちろん、社会人になってからの転職においても、多くの人は複数の企業を志望します。ということは、複数の企業から採用してもらえる可能性が高いので、採用した人が必ず雇用できるわけではないということです。

しかし、企業目線からすると、採用活動には多額のお金がかかるので、なるべく採用した人は全員雇用したいのです。そのためにはどうすればいいのか考えた結果多くの企業が選択した答えが、履歴書や面接で志望動機を聞くことです。

志望動機を聞けば、本当にその人がその会社に入りたいと考えているかどうかは一目でわかります。企業は志望動機を聞くことによって、なるべく本音のところで自社が第一志望であるという人間を採用しようとしているのです。

 

2.入社した時のイメージを掴みたいから質問している

先ほど志望動機は入社後のイメージがわいていないと書けない、と述べましたが、ある人を雇用する前に、その人の入社後のイメージを具体化しておきたいというのは企業側も同じです。

志望動機にはその人がどんなことを考えてその企業や業界を志望したかという情報です。

それを聞くことで、経歴や所持スキルの情報と合わせて、実際にその企業や業界で働いている企業の採用担当者は、その人の入社後のイメージをつかむことができるというわけです。

 

面接時に必ず聞かれる志望動機への回答で意識すべき点

では、履歴書にも書いた志望動機を面接の際に改めて聞かれたとき、どのようなことを意識して回答すればいいのでしょうか。

せっかくいい志望動機が書けても、面接で上手く伝えられなければ意味がありません。ここでは、4つのポイントに分けて詳しく解説していきます。

 

1.会社への強い志望度を伝える

先述のように、企業の採用担当者が志望動機を聞く理由の一つは、その人を採用した際に、本当に自分の会社に来てくれるのかという点を測りたいからです。

自分の中のその企業の志望度にかかわらず、業界に数ある企業の中からどうして他の企業ではなくその企業を選ぼうと思ったのかを、志望する企業一つ一つに対してしっかりと考えておき、面接の場ではっきりと伝えましょう。

 

2.自分がどんな貢献ができるかをアピールする

入社後のイメージが志願者にとっても採用担当者にとっても大事、という話をしてきましたが、やはり採用担当者が気にするのは「この人を採用すれば自分の会社にどんな風に貢献してくれるのか」という点です。

自分の入社後のイメージと、今までの経験や持っているスキルを上手く組み合わせて、自分が志望先企業にどんな貢献ができるのかを積極的にアピールしましょう。具体的であれば具体的であるほど、採用担当者にとってあなたが魅力的な人材に映るはずです。

 

3.体験談も交えてアピールする

転職では、学生からの就職とは違って、一度はどこかの会社で働いたことがある人がその会社に入ろうとしているということを忘れてはいけません。つまり、社会人としてどのような経験を積んできたかも採用の際に問われるということです。

今まで働いてきた会社ではどんな困難があり、それをどんな風に乗り越えてきたのか、という点を採用担当者に上手くアピールできれば、採用担当者はあなたを採用したいと思うこと間違いなしです。

そのような社会人としてどのように仕事をしてきたのか、という具体的な体験談を交えてアピールすることが、採用担当者がこの人はこの会社にどんな貢献をできるのかというのを具体的にイメージし、採用するかどうかを決める大きなきっかけになるというわけです。

 

4.履歴書の内容を深堀して明確にイメージさせる

企業の採用担当者は、面接を受ける人の書いた志望動機をすでに読んでおり、またそれを見ながら面接を行います。

つまり、履歴書に書いた内容を面接の場で深掘りすると、それはある程度採用担当者が知っていることなので、興味を持って聞いてもらいやすいということです。

紙に書かれた志望動機を上手く深掘りして話すことによって、採用担当者に履歴書に書いた志望動機の内容のイメージをより明確に持ってもらいましょう。

履歴書に書いた志望動機で伝えたかったイメージを面接の場で改めてきちんと伝えることが、面接を成功させる秘訣です。

 

志望動機で避けるべきNGワードとは?

次に、志望動機では書くべきではないNGワードについて簡単に取り上げます。

まず「給与・待遇」について直接的に言及するのは、自分側の利益にのみ関心があると思われる可能性があります。もちろん、本音では強い関心があるでしょうが、「働きやすい環境」など、オブラートに包んだ表現にとどめましょう。

また、「成長していきたい」などの言葉も良くありません。厳しい言い方をすれば、企業は利益を上げる人材を求めているのであって、従業員の成長は目的ではないからです。もちろん、従業員の成長は必要ですが、それは手段であり、ある意味当然の事でもあります。

このように見ていくと、自分本位の表現や、「甘え」と捉えられかねない表現は避けた方が良いことがわかります。自分自身の利益になることを表現する際には、それがひいては求人企業の利益に貢献するということを明確に説明、表現できなければ、マイナスになりかねないのです。

 

志望動機は転職エージェントの添削サービスも検討

ここまで見てきたように、転職にあたっての志望理由の書き方には注意すべき点がいくつかありますが、最初からその全てをうまく反映した志望理由を書くのは困難が伴う場合も多いでしょう。

この点、転職エージェントの添削サービスを受ければ、不足している点や整合性の取れていない点について、プロの目を通じて志望動機の表現をブラッシュアップしていくことが出来ます。

さらに、自分の経歴やスキルを明確化し、整理していくことで、気づかなかった自分の強みやアピールポイントを知ることにもつながります。

単なるひとりよがりに陥らないためにも、転職エージェントの添削サービスの利用は是非とも検討したいところです。

 

このコンテンツのまとめ

ここまで説明してきた志望動機を書く上で留意すべきポイントを踏まえて、実際に志望動機を書いてみましょう。

その際、これらのポイントをクリアするために必要なことは、自分自身にしかない具体的な経験やエピソードを念頭に書く、ということです。

書類上にはその全てを具体的に書くことは出来ないかも知れませんが、実際の面接で語るべき具体的な経験やエピソードをしっかりと想定し、それを話す端緒になるような記述を書類上に材料として散りばめようと意識することが大切です。

そうすれば、書類上だけでなく、実際の面接でもしっかりと自分を表現できることに繋がると思います。

 

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイトランキング

親身なコンサルタントが魅力
DODA(デューダ)
5
運営会社 パーソナルキャリア株式会社
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約8万件
DODA(デューダ)

親身な対応が魅力!転職者満足度No.1の転職エージェント

  • 転職者満足度No.1の転職エージェント!
  • 8万件以上の非公開求人とDODA限定求人も豊富
  • キャリアコンサルタント評判は業界でもピカイチ
  • 迷ったらまずは真っ先に登録しておくべきエージェント

転職成功実績No.1
リクルートエージェント
4.5
運営会社 株式会社リクルートキャリア
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約10万件
リクルートエージェント

非公開求人数No.1の転職エージェント

  • 転職成功実績No.1の転職エージェント!
  • 年収、条件、入社日程をコンサルタントが交渉代行
  • 土日祝日・平日20時以降も無料で相談可能
  • リクナビNEXTの情報で簡単登録可能

20代や第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社 株式会社マイナビ
業務形態 転職エージェント
非公開求人 約1.5万件
マイナビエージェント

20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代・第二新卒の転職に強い転職エージェント!
  • 全国の大手企業や優良企業とのパイプも豊富
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍
  • 特に関東圏の求人が豊富なのが魅力!